車買取で純正ホイールかどうかで査定額に差がある?

車買取で純正ホイールかどうかで査定額に差がある?

111view

2018.07.24

基本は純正ホイールが有利

カスタマイズは好みが分かれる

車買取の査定において、車の状態が良い方が高い値段がつくことは常識といえます。状態のよいものであれば、純正品でもサードパーティ製品でも、それを理由に査定額が大きく変わるということは考えにくいことです。ただし、自分好みのサードパーティ製パーツに交換するなどのカスタマイズをしている場合、買取価格が伸びない可能性があります。

いくら大事に乗っていて、きれいで傷が少なかったとしても、個人の好みが色濃く出ている場合は、同じ好みの人が限られて買いたいという需要が少ないと考えられるためです。もちろん、極端におかしなカスタマイズでなければ大きく損をするということもないかもしれませんが、需要が多い方が安定して値段がつくことは容易に想像できます。

純正品を使っていれば、万人受けする可能性が高く、低い査定価格になるリスクは小さいといえるでしょう。ホイールについても純正ホイールが無難であることは間違いなく、業者によっては純正ホイールを付けている車によい査定をするともいわれています。

ホイールに拘らない業者も

ただ、純正ホイールであろうと外部のホイールであろうと、あまり気にしていないのか、査定に差がつかない買取業者も少なくありません。また、純正かどうかではなく、あくまでも車にマッチした状態の良いものかどうかを重視して査定する業者もあり、どのタイプの業者かによって査定額が変わるといえます。

さらに、同じ買取業者であっても査定を担当する人間によって微妙に考え方が異なるともいわれているため、少しでも高額の買取を目指すなら、できるだけ多くの買取業者に査定を依頼したほうが良いでしょう。

人気の高額ホイールは別

一般的には純正ホイールが好まれるか、どちらでも大差ないかになっても、付けているホイールが人気の高い高額品で状態もよいとなれば純正ホイールよりも高い査定となり得ます。ただ、これも業者次第の面は否定できません。

買取価格を高くするために

純正ホイールへの交換は得か損か

自分が好きなホイールであっても、一般的に人気がないと思われるホイールを付けている場合、純正ホイールに交換してから査定に出すことで買取価格が上昇する可能性があります。ただし、純正ホイールを処分してしまっている場合には、別途同じ物を用意しないと無理です。この場合、交換するホイールの代金などを考えると、買取価格のアップ分ではマイナスになってしまうおそれがあることも忘れてはいけません。

もっとも、取り外したサードパーティ製ホイールを売却することができれば、トータルでプラスになる可能性はあります。売る前にチェックすべきは、保管している純正ホイールと、使っているサードパーティ製ホイールを単体で売却した場合の相場です。

どちらを単体で売る方が得になるかを考えます。そして、トータルでより高額になるようにセッティングして査定に出しましょう。注意すべきは、純正ホイールの材質です。アルミホイールなら良いのですが、鉄のホイールなら付けない方が良いといえます。

タイヤも純正がよいのか

純正ホイールかサードパーティ製ホイールか、どちらが査定に有利かを考えるときにタイヤも査定に響くのではないかとの疑問が生じるものです。しかし、一般的にはタイヤが純正かどうかで車の買取査定額に大きな影響を及ぼす可能性は低いとされています。仮に純正のタイヤの方が好ましいとしても、保管中に劣化してしまうこともあり、わざわざ交換したにもかかわらず査定額を下げてしまうリスクがあります。

純正ホイールの保管は重要

純正ホイールを付けることで買取価格が上がるケースもあれば、そうでないケースもあるわけですが、肝心なことは純正ホイールを保管しておくことです。手元に置いておけば、どちらのケースにも対応可能となります。どうしても保管することが難しいとか、純正ホイール単体で高額売却できる場合は別にして、できるだけ保管しておきましょう。それこそが、高額査定を目指すための近道です。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る