正解はどっち?自動車ローン残債があると車買取は可能?不可能?

正解はどっち?自動車ローン残債があると車買取は可能?不可能?

80view

2018.07.24

まずは名義人の確認を

名義人が自分や家族の場合

家族が増えたので車を買い替えたい。車が必要なくなったので処分したい。このように、車を売却したいと考えたときに、気になってくることがあります。それが自動車ローンの残債です。ローンの残債がある場合、買取をしてもらうことは可能なのだろうか。そんな不安を感じる人も少なくありません。では、実際はどうなのでしょうか。

基本的に、ローンの残債があっても売却することは可能です。しかし、注意しなければいけない点が一つあります。それは売却しようと考えている車の名義人です。なぜならば、車の名義人が誰かによって売却方法が変わってくるからです。

当然のことですが、売却する権利を持っているのは、所有者のみとなっています。車検証に記載されている所有者の欄を確認して、所有者が自分や家族の場合であれば、残債があったとしても売却は可能です。

所有者が家族の場合であれば、委任状を書いてもらうことで、手続きを進めていくことができます。しかし、例外も存在します。その例外となるのが、ローンの支払い時の売却を禁止しているというパターンです。このような場合もあるので、事前にローンの内容は、しっかりと確認するようにしてください。

名義人が銀行やディーラーの場合

ローンを組んでいる場合、名義人が銀行やディーラーになっている場合もあります。この場合は、先程と違い売却するためには、ある手続きが必要になってきます。 先程も紹介した通り、売却できるのは所有者のみとなっているので、所有者の変更を行わなければならないのです。

そして、この名義人を変更するために、様々な書類が必要になってきます。仮に、所有者が自分以外の車を売却した場合には、罪に問われる可能性もあるので、自分以外の名義だった場合には、売却前に必ず名義人の変更を行うようにして下さい。

面倒な手続きが必要?

自分以外が所有者だった場合

上記で紹介した通り、所有者の名義が自分以外の車を売却するためには、まず名義人変更を行わなければいけません。そして、それには様々な書類が必要になってきます。ここでは、その書類について紹介していきたいと思います。必要な書類は以下のものです。

  • 車検証
  • 新旧所有者の印鑑証明
  • 新旧所有者の委任状
  • 新しい所有者の車庫証明
  • 納税証明書
  • 譲渡証明書

名義を変更するのは、上記の書類が必要な上に面倒な手続きも必要になってきます。全てを自分で行おうと思えば、それなりの労力と時間が必要になってくるでしょう。そこで気になってくるのが、銀行やディーラー名義の車を売却するのに、他の方法がないのか、ということです。次章では、労力も時間も最小限に抑えた売却方法について紹介したいと思います。

全て業者に任せれば安心!

最も労力と時間を節約できる売却方法があります。それが業者に任せるといった方法です。業者は、これまで培ってきたノウハウがあるので、安心して任せることができます。当然、ローンの残債がある車の売却も数多く手がけてきているので、気になることがあれば、まずは業者に相談するようにしましょう。

ローンの残債がある場合、心配になってくるのが売却価格です。ローンの残債よりも高く売れれば問題ありませんが、売却してもローンの残債があれば支払いを続けなければいけなくなります。そのため、少しでも高値で売却したいと思いますよね。そこで、知っておきたいことが少しでも高値で売却するための方法です。

その方法が、いくつかの業者に見積もりを出してもらうということになります。複数の業者から見積もりをもらうことによって、条件面の交渉もしやすくなりますし、納得できる売却価格に近づく可能性が高くなります。ローンの残債がある車の売却を考えるのであれば、まずは複数の業者に見積もりを出してもらうようにしましょう。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る