車買取(車売却)のときの保険の扱い方~自賠責保険と任意保険

車買取(車売却)のときの保険の扱い方~自賠責保険と任意保険

44view

2018.07.23

自賠責保険について

車には全て「自賠責保険」が掛けられています。これを掛けていない車は、公道を走ることができません。このため、車買取(車売却)のときには、この自賠責保険をどうするべきか、という問題が出てきます。自賠責保険は、「強制加入保険」とも呼ばれます。上でも述べたように、これは公道を走る車全てが掛けなければならない保険です。

車検を受けるにも、この自賠責保険への加入が必須です。車は、免許制であり、また人を害する恐れのあるものです。被害者を守ために作られた保険(運転手本人がけがをした場合、運転手のけがに対しては保険はおりません)であり、非常に重要な保険です。この自賠責保険と車買取の関係について見ていきましょう。

まず知っておいてほしいのは、自賠責保険は「人」ではなく「車」に掛けられているということです。このため、車を売るときにはこの自賠責保険の契約を取りやめる必要があります。自賠責保険の名義を変更する際には、いろいろな書類が必要です。まずは「契約権利譲渡通知書」。そしてもう1つは「移動承認請求書」です。また、「本人であること」を証明するための書類が必要になります。

特別な事情(免許取り消しなど)でない限りは、車を運転する人は免許証を持っています。これを身分証明書とするのが一番簡単でしょう。自賠責保険の証明書も必要になってきます。これらに関しては営業窓口の人間も詳しいため、まずは相談してみるとよいでしょう。また、業者によっては、書類さえそろえれば業者側が手続きを行うとしているところもあります。

任意保険について

自賠責保険と対になるものに、「任意保険」があります。これは文字通り「任意」で入ることのできる保険です。自賠責保険のような強制力をもつものではありませんから、これに入っていなくても公道を走ること自体は可能です。ただ、自賠責保険には限界があります。

相手をけがさせた場合でも120万円までしか補償することはできませんし、後遺症を与えた場合でも最大でも4,000万円までしか補償できません。死亡させた場合は3,000万円までです。また、運転手のけがや物損事故については補償されません。

このような仕組みであるため、実際には自賠責保険だけで「事故が起きたときの金銭的な負担」をカバーしきることは非常に難しいといえます。そのため、何らかのかたちで任意保険に加入している人の方が圧倒的に多いとされています。車買取(車売却)の際には、ほとんどのケースで、自賠責保険の名義変更の手続きとともに、この任意保険の解約の手続きが必要となるでしょう。

保険期間中に解約手続きを行う場合は、その保険会社の定めた手続きにのっとって解約していく必要があります。いつ解約するのか、あるいは中断の手続きをするのかを決めて処理をしていきます。現在はインターネットでこれらの手続きを行えるところもあります。手続きのやり方はさまざまですが、マイページなどに飛び、解約手続きを行うだけで簡単に契約解除ができるケースが多いことでしょう。

なお、任意保険の場合、保険期間が残っていれば解約金が戻ってくることもあります。もっともこれは保険の満了期間までどれくらいの日数が残っているのかなどによっても変わってきますから、事前に保険会社に問い合わせることをおすすめします。保険は、車という免許制の「凶器」を運転する人間が絶対に掛けなければならないものです。

人に与えた傷はお金では癒せませんが、それでも、償いのかたちの一つの手段として「お金」があることはたしかです。すべての車に保険が掛けられているため、車を売却する際には、この手続きも必ず必要になってきます。ディーラーも詳しく知っているので、わからないところは一つずつ聞いていくとよいでしょう。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る