中古車買取における保証のサービスは果たして必要なのか

中古車買取における保証のサービスは果たして必要なのか

36view

2018.07.23

車買取における保証サービスって?

保証に関する詳細とは

いくつかの中古車買取業者は、車買取における保証サービスを導入しています。このサービスを受けると買い取ってもらった後に瑕疵担保責任が問われないことが大きなメリットです。車買取における瑕疵担保責任は「買取後、車に何かあったときに売り手側に賠償責任が生じる」というものであるため、瑕疵担保責任が問われないということは買い取ってもらった後にも賠償しなければならない余地がなくなるということです。

中古買取に関しては買取が成立したとしてもまだまだ何が起こるのか分からないということもありましたので、後で何も言われることがないということに関しては、とても有意義なサービスといえます。

売り手側にとって不利な条件が問題視されていたが

いくつかの企業が積極的に導入したサービスでしたが、このサービスについては条件面に関して売り手側に不利なものがありました。中古買取業者は買い取った車をオークションで売却することで利益をあげるということも多いですが、このオークション等で買取業者以外の鑑定士が不備を発見した場合、売り手側に賠償責任が生じるという条件があったのです。

現在はそもそも保証に関する文言を確認することができないので真偽についてはなかなか判断に困るということがあるのですが、実際に保証サービスを受けるのかについて聞かれる場合もあるので、しっかりと確認しておきましょう。

保証を受けるか判断する基準とは

では実際に保証を受けるかどうかについてなのですが、これに関してはコストと相談ということになります。当然、条件面については確認することが前提になり、そこで「保証を受けた方がいいのか」ということを判断するといいでしょう。

基本的には買取総額にプラスして保証金額がかかる場合は、再度見積もりを行い、それでも高額買取であると判断すれば保証を受ければいいですし、そうでなければ保証を受けない方向で買い取ってもらうことにすればいいかもしれません。

ここで一番の焦点になる保証の金額ですが、実は買い取ってもらう車の査定額によって変わってきます。ホームページに記載されている可能性もありますから、事前にチェックして保証額が高額になるのかについても確認しておきましょう。もちろん、保証サービスがない買取業者を利用する場合は特に気にする必要はありませんから、特に考えることなく交渉を行っていくといいです。

保証サービスに関しては今後の動きを見ていく必要がある

前述の通り保証サービスはまだまだ一部の買取業者が導入しているという状況ですが、今後は新たな動きが出てくる可能性もあります。一番の可能性として考えられるのは、保証サービスを導入する買取業者が増えていくということです。当然、瑕疵担保責任が問われないということに着目すれば魅力的なサービスであるため、どんどん取り入れて依頼者を増やしていくということは考えられます。

次に考えることができる可能性は、条件面が変わってくるということです。現状でも先ほど触れた「買取業者以外の鑑定士の判断により生じる賠償責任」があるかは不透明ですが、今後ははっきりとそのような条件がなくなる可能性もあります。

保証サービスを導入する買取業者が増えてくれば当然競争が生じますから、このような展開についても期待できるということです。もちろん、実際にどうなるかについては買取業者全体の動きを確認しなければなりませんが、瑕疵担保責任が問われないサービスに魅力があることは間違いありませんから、しっかりと注視していきたところです。

一方で、中古車買取に関しては保証サービスだけが絡んでくるものではありません。「より自分の車を高額に買い取ってもらうにはどうすればいいのか」等、保証サービス以外に関することもしっかりと考えて有意義な結果を得ることができるようにしていきましょう。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る