高額買取を実現するために!車買取における注意事項とは

高額買取を実現するために!車買取における注意事項とは

95view

2018.07.24

注意事項を押さえることが高額買取に繋がる

車を売却するにあたって、一番重視することといえば「より高く買い取ってもらうこと」です。しかし、現在はどの買取業者も高額買取を打ち出していたり、いろいろな条件を付与しているのでなかなか判断に困るということも多いのではないでしょうか。

車を買い取ってもらう際にはいくつかの注意事項がありますので、そこに注意していけば高額買取を実現する可能性が高まります。しっかりと注意するべき点を押さえて、自分の車をより高く買い取ってもらいましょう。

車買取における注意事項とは

注意事項についての説明

それでは、車買取における注意事項を説明していきます。

下取り業者ではなく買取業者に依頼する

これはよく見落とされるポイントですが、買取業者に依頼を行うというのはかなり大事なことです。下取りを行うディーラーさんは車を販売することに関する専門的な知識を持っていますが、車買取になると専門的な知識を持っているのはバイヤーさんになります。

当然車買取に関してはバイヤーさんに査定を依頼した方が高額な査定を提示してくれる可能性が高いので、車買取の際は下取りではなく買取業者に依頼するようにしましょう。

契約内容に関しては細かくチェックする

高額査定が提示されたからといって、まだまだ安心することはできません。必ず契約に関する詳細については確認しておくことが大事です。自動車税の還付金があるのかといった内訳の面はもちろんのこと、買取にあたる細かい条件に関しても調べておく必要があります。

特に気にしなければならないのは、買取が成立した後も瑕疵担保責任が問われるのかどうかです。車買取における瑕疵担保責任は、買取後の車に査定時では見られなかった不備が出てきてそれに伴う賠償責任があたり、買取が成立した後も完全に安心することができません。

これに関しては買取業者によって判断が異なりますが、瑕疵担保責任が問われないことを保証として提示する業者もいるくらいなので、基本的には問われる可能性があると判断しておいた方がいいです。その場合も瑕疵担保責任がどんな時に問われるのかについて聞いておくべきですし、その他疑問点がある場合は必ずバイヤーさんに聞いておきましょう。

複数の買取業者に見積もりを出してもらう

買取業者の中には買取承諾を即決で迫ってくるところもありますが、いくつかの買取業者の査定額を比較検討しないのはそれだけで損といえます。そのため、必ず査定が出ても即決せずに他の買取業者にも見積もりを依頼するようにしましょう。できれば最低でも3社は依頼したいですが、これに関してはスケジュールも大きく関わってきますので、自分の時間的余裕のある範囲で動いていくことになります。

個人売買やオークションは避ける

車買取をオークションや個人売買で行う人がいますが、これについては避けるべきです。確かに買取業者よりも高額に買い取ってもらうという話が来るかもしれませんが、細かい契約書を作成しておかないと後でトラブルになる可能性がありますし、長引けば裁判にまでなってしまいます。

法廷でどのような結果が出ようとも訴訟費用や弁護士への依頼の費用を含めると赤字になってしまう可能性も否定できませんし、そのようなリスクを考えるとトラブルになりかねない買取交渉は行わない方がいいです。

高額買取実現のためには準備も必要になる

これらの注意事項はしっかりと確認すれば誰でもできることなので、高額の買取を目指しているならしっかりとこなしていくことが求められるでしょう。注意事項に関して理解したら、次は高額買取を実現するための準備を行っていきます。

基本的に売り手側が実行できる準備は車内環境を良くすることくらいですが、これは査定に関しては結構影響してきます。「車の中が汚れている」、「車内での嫌なにおい」といったことは確実にマイナスポイントになりますので、事前に車内の掃除や消臭を行っておくことも高額買取のために一切妥協したくない場合は必要な事項になってくるのです。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る