車買取を利用したときの買取代金の入金方法とその時期とは?

車買取を利用したときの買取代金の入金方法とその時期とは?

70view

2018.07.23

車買取の代金の受け取り方

車買取は金額に加えて受け取りの仕組みも重要ポイント

自分の愛車を手放すには理由があります。一般的に考えられる理由は、古くなったので買い換える、欲しい新車があるので乗り換える、車が不要になったので売却するといったものです。また、中には金策のために売ることになったというケースもあるでしょう。

どのような理由で査定に出し、買取を利用するにしても、気になるのは代金についてだといえます。評判のよい買取業者を探すのも、少しでも高く売りたい気持ちがあるからでしょう。それと同時に、代金がいつ、どのようなカタチで入金されるのかも重要なポイントとなります。

即金で受け取る

車買取の代金の入金方法として、最速なのは即金での受け取りです。即金で受け取るメリットとしては、急ぎの資金需要に対応できることが挙げられます。また、入金されるまでの不安感もありません。そして、一連の手続が早く完結することもメリットのひとつです。一方、即金での入金にはデメリットもあります。

金額にもよりますが、一時的にせよ、まとまったお金を現金で持つことになるため、盗難や紛失などのリスクが生じることです。多額になれば、数え間違える心配もあります。実際には買取代金を即金で支払う業者は少ないといわれています。どうしても即金を希望する場合は注意が必要です。

即金が少ない理由

買取代金を即金で支払う業者が少ないとされている最大の理由は、買取価格の決定に時間がかかることです。査定段階では、内部を細かくチェックすることは困難であり、工場などで精査する必要があります。その結果、買取金額が下がることも珍しくありません。

いつ最終的な金額が決まるかは、やってみないとわからない部分もあり、即金での買取が現実的とはいえないのです。また、買取業者側としても、即金対応するとなれば、多額の現金を用意しておく必要があります。こちらも、盗難などのリスクが高くなるため、好ましい方法とはいえません。

一般的なのは銀行振込

買取代金の入金方法としては、銀行振込が浸透しています。お互いに現金を持つことのリスクを回避できますし、支払いと受け取りのタイミングを合わせる必要もなく便利です。買取業者側が手続きさえすれば、入金の確認はいつでもできます。

買取代金の入金にかかる日数

銀行振込のタイミング

銀行振込の場合、いつになるかわからない入金を待つことになります。頻繁に残高照会をする人もいるでしょう。いつ振込手続が行われるのかがわかれば、それに合わせて確認すればよいことですが、業者によって異なります。また、ケースによっても違ってくるため一概に何日で入金されるとはいいにくい面があります。

ただ、あまりに日数がかかるようでは商売として得策ではありません。一般的な買取業者では、無駄に日数をかけることなく、数日以内には振込を完了することが多いといわれています。ひとつの目安として、契約から3日程度、長くて1週間程度を考えておくとよいでしょう。

業者の体制によって前後する

ひとつ注意したいのは、3日から1週間程度というのは、あくまでも営業日で数えた場合だということです。定休日が毎週ある業者の場合、その日は車のチェックも振込業務も行われません。仕事量が少なくて、すぐに対応できる場合でなければ、遅くなる可能性があります。

また、年中無休で営業している買取業者であっても、振込手続きを行う時間によっては、当日の着金ではなくなります。そこに銀行の休業日を挟むと、着金までの日数が延びることになります。

早期入金のために心がけること

入金は早いに越したことはありませんが、早ければよいというものでもありません。また、早く入金してもらおうと思うなら、そのための準備をすることも考えるべきです。まず、急ぐあまり即金に拘ると損をする可能性があります。十分に業者を比較できず、足元を見られるおそれがあるためです。緊急時以外は、余裕を持った売却を心がけましょう。

そして、手続が円滑に進むように、必要な書類を整えるなど、売主側がすべきことは漏れなく準備することです。最終的な買取価格が出てから入金までの日数だけを見れば短くても、書類不備などで手間がかかってしまえば、トータルでは遅くなってしまいます。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る